本の感想を書いて紹介しておすすめなどしてみる

現役大学生が様々な本を紹介します。短いのですぐに読めます。過度なネタバレは避けて書きますが、ほんの少しのネタバレも嫌だという方は作品を読んでから記事を読むことをおすすめします。

9冊目『多動力』堀江貴文

ワクワクした時間を過ごそう。

 

  今回紹介する本は堀江貴文さんの本です。自己啓発本の一種ですね。タイトル通り、これからの社会で必要とされる力多動力について書かれています。

 

  多動力とは、多くの物事を同時に進めていく力です。現代では一つのことを長い時間かけてやっていく従来のやり方に必要とされる力よりも多動力が必要となるとされています。

 

  この本には既成の価値観を壊すことや多動力を身につける具体的な方法が書かれています。正論ばかりでした。しかし、正直みんながみんなここに書かれているようなことをできるわけはないと思いました(笑)

 

  少し話はそれますが、成功者は決まって「私もあなた方と同じような人間だ。私にできたんだからあなた方にもできる。やるか、やらないか。ただそれだけ。」みたいな事を言いがちです。

 

  私はそんな言葉は信じられません。やらないやつはどうしたってやらないんです。成功者はやらない人間の感覚は理解できないんです。だから、みんながみんな本に書かれてあることを体得するなんてありえないと思いました。

 

  否定的に書いてはしまいましたが、書かれていることすべてを実行することは無理でも一部なら可能に感じました。そして、それは絶対に私の人生をより良くします。

 

  本に書かれていた中で一番印象に残ったのは「ワクワクする時間」です。有限である時間をできるだけワクワクするように使おうという旨のことが書かれていました。堀江さんは今は歯みがき以外の時間は常にワクワクする時間を過ごせているらしいです。

 

  とても正論に感じました。人間は歳を重ねるにつれて様々なことを考慮するようになります。そこで、私は悩んだら「ワクワクするか、しないか」を判断基準に道を選択していきたいと思いました。